専門家によって施術される

医療脱毛は皮膚科の知見を持った医師が対応します。そして診断を通じて、患者一人一人の皮膚の状況を把握したうえでレーザー脱毛機器の設定値を細かく調整してくれます。また、使用されているレーザー機器は複数の種類を保有しており、しかも厚生労働省が許可した機器なのです。従って、肌のトラブルが少なく脱毛処置を集中的に行う環境が整っているため、途中で脱毛を中断したり、断念するリスクが少ないのです。万が一肌のトラブルが生じても最小限に抑えてくれ、薬の処方など適切な処置を講じてくれながら脱毛処理を実施してくれます。また、カウンセリングをしっかりしてくれるため、十分な説明ときめ細かい患者からのヒアリングにより信頼関係を築きます。

レーザー機器がすぐれている

レーザー機器の性能が高く、脱毛範囲が広いのです。また、専門医によりレーザーの設定を最適にしてくれるため毛根内の黒いメラニンだけに熱ダメージを与え、ダメージを受けた毛根からは毛が生えなくしてくれます。このことから通院回数を少なくすることが可能ですし、再発毛による再施術のリスクを最小限に抑えてくれるのです。特に、脱毛がしにくい剛毛といわれる毛の量が多くて太い症状の脱毛は通院回数の低下を顕著に感じることができます。このような機能を有するレーザー機器は医療従事者しか使えない法律があるため理療脱毛のサロンでしか実現しません。通院回数が減ることは、脱毛にかかる日常の時間を削減できストレス軽減につながりますし、費用を抑えることも可能です。