医療脱毛の方法とは?

医療脱毛は、医師や看護師などの医療従事者にしか使用を認められないレーザー治療装置を用いて毛根の機能を停止させる脱毛方法です。したがって、自宅や医療従事者がいない脱毛サロンでは、医療脱毛を行うことができません。医療脱毛を受ければ、レーザー照射により毛根の細胞を破壊し、毛の再生機能をほぼ完全に停止できるでしょう。レーザーは肌に強い刺激を与えるので、一度照射を受けたらしばらく間を空けて次の照射に臨む必要があります。

照射された皮膚がたまに赤く変色したり腫れたりすることがありますが、医師や看護師が施術後も診察を続けて医療ケアをするため、心配はありません。いったん照射を受けた部位のムダ毛は二度と生えてこないので、フラッシュ脱毛や脱毛クリームの塗布などと異なり、何回も同じ部位に施術する必要もないのです。

医療脱毛で痛みをおさえる方法

医療レーザー脱毛は効果が高いものの、施術の際にレーザーの強い刺激による痛みを伴うというデメリットがあります。従来は、日焼けや色黒の肌の人が火傷するケースも見られました。しかし、肌の色が黒い人にダメージを与えない医療レーザー脱毛装置も開発され、どんな色の肌の人であっても、医療レーザー脱毛を受けられるようになっています。また、照射中の痛みを軽減するために、照射時間を伸ばして照射線量を減らしたり、照射部位に冷却ジェルを塗ったりする方法が採られています。

さらに、レーザー照射前に曲部麻酔を施したり、照射中に冷風を照射部位に当てて冷却したりすることも少なくありません。こうした対策によって、医療脱毛の痛みを訴える利用者がかなり減ったと言えるでしょう。