医療資格の所有者が対応してくれる

医療脱毛に対応するのは医師や看護師などの医療資格所有者に限定されます。資格のない人が担当することはないので、一定の品質を維持できるのです。事前に肌診断をして肌状態を見極めたうえで、医師や看護師が対応してくれます。脱毛施術をするのは一般的に看護師で、何か肌トラブルが起こったときに医師が治療をしてくれるケースが普通です。

使用する脱毛機は医療用なので出力が高く、1回の脱毛施術で変化を感じられるでしょう。高出力のマシンを使用できる理由は、正確な肌診断をして肌状態を見極めるからです。出力を弱くするほど痛みは抑えられますが、一方で脱毛効果は弱くなってしまいます。肌トラブルを抑えつつ、脱毛効果を引き出していくのが理想の施術です。

医療行為ができるのはクリニックの強み

クリニックで受ける医療脱毛は医療行為のため、エステサロンでは行えません。かつてはエステでもレーザー脱毛を導入する店舗が存在しましたが、現在は法律で禁止されています。医療脱毛で肌トラブルが起こる確率は低いですが、体調が不安定なときは思わぬトラブルが生じる可能性があります。これは医師や看護師であっても完璧には予測できないことです。ただ肌トラブルが発生しても、治療薬で速やかに治療できるので必要以上に心配はいりません。脱毛時の痛みに関しては、顔やVIOなどは強く生じる可能性がありますが、麻酔を使用して抑えられます。エステでも冷却用のジェルを使用するなどして痛みを抑えますが、麻酔はそれを上回る作用があります。