医療脱毛は毛根の機能を破壊する脱毛処理

医療脱毛と他の脱毛処理の大きな違いは毛根への影響です。医療脱毛はレーザーの照射で毛根を焼き潰すことにより、新たな発毛を予防します。そのため、一度処理を行って部分からは二度と体毛が生えず、その効果から永久脱毛とも呼ばれているのです。医療脱毛は名前の通り、美容外科など医療機関でしか行うことができません。レーザーを照射する医療機器を置くことができるのは医療機関だけであり、操作も医師免許の所持者に限られているのが理由です。医療のプロによる脱毛処理は永続的な効果が期待できますが、技術力が仕上がりの良し悪しを左右するのも事実です。レーザーの出力が弱い、照射位置がずれているなどの理由で毛根が残ってしまい、体毛が生えてしまうことがあります。

肌のコンディションも影響する

医療脱毛を受けても再び体毛が生えてきた場合、処理を受けた当時の肌のコンディションに原因があると考えられます。毛根を焼き潰すレーザーはメラニン色素に反応する性質があるので、日焼けやかさぶたが生じている部分に当てると拡散してしまうのです。こうなると毛根までレーザーが届かず、完全に焼き潰すことができません。また、体毛が伸びているからといって自己処理を行うのも良くありません。医療脱毛は体毛が伸びるスピードに合わせてレーザーの出力を調整するので、自己処理を行うと適切な調整が困難になります。肌に余計な刺激を与えてしまう形にもなるので、初めて医療脱毛を受ける際はある程度伸ばした状態にするのが正しい方法と言えるでしょう。